鍼灸師になるまで

私事ですが、、、

一般企業勤務から、身体を壊したのをきっかけに鍼灸師になるまでの経緯、を記します。

29歳の頃、いくつか人生の壁にぶつかり、初めて生きる意味について考えました。そして自信の無い自分を変える方法として考えたのは、目一杯仕事を頑張ることでした。

スタートが30代と遅いのだから、他の人より何倍も働き早く一人前になるんだと意気込んで、仕事中心の日々を夢中に過ごしました。殆どプライベートの時間は無く、食事や睡眠も疎かにしていましたが、気持ちだけは充実していました。そんな様子を心配して下さる年上の女性方が数人、私と同じように30代を過ごしていたら、40歳で入院したとか倒れたとか、ご自身のお話をしてくださいました。せっかくの助言をどこか他人事としか思えず、聞く耳を持たないでいましたら、ちょうど40歳になる頃に、私も身体を壊してしまいました。

体調不良が始まった日、みるみる足の力が抜けていき、あっという間に立っていられなくなりました。その後はゆっくり立てても、10分もすれば体中がしんどい、そんな日々が続きました。普通なら全く寒くない室温でさえ冷えて辛く、常に調子が悪い毎日でした。そのような状態なのに、いくつもの病院で何度血液検査をしてもらっても、何も数値は悪くありません。病名がついてくれたら治し方も分かるのに、とその時は思ってしまいました。原因究明をあきらめて、次は本屋さんで健康関連の棚の端から順番に、治るための手掛かりを探しました。手に取った本の中に、事故後のひどい体調不良が治ったと筆者の体験談が書かれたリンパドレナージュの本がありました。本の見よう見真似で何度も足をさすっていると、日ごと立っていられる時間が5分単位で長くなっていきました。

次に、リンパってものを知りたいと思い、カルチャーセンターで見つけた講座を受けるうち、以前のように戻らないまでも、ゆっくりなら普通に歩けるようになっていました。体調不良の訳を知りたい一心で次々講座を受けるうち、講師の仕事を頂きました。大勢の方の前で話すのは大の苦手で苦労しましたが、受講される方の中には、身体を壊してしまった方やご家族が具合悪い方も多く、そんな皆さんのお手伝いができる事をとても嬉しく感じていました。健康を失った自分でもお役に立てるという事で、何より自分が励まされました。そうしたやりがいのある仕事でしたが、残念ながら数年で続けられなりました。その時には生涯健康に関連する仕事を続けたい、と考えていましたので、これを機に資格を取ろうと思いました。

学ぶために選んだのが鍼灸専門学校でした。3年後卒業と同時に国家試験を受け鍼灸師になりました。卒業後は、家族の都合で大阪と東京を行き来する生活となり、進む方向を決めかねていた時期もありました。悩ましいその環境は、結果として私にとって有難い経験をさせてくれました。大阪では母校の行岡鍼灸専門学校の先生や先輩の治療院、東京では鍼の研究会のいやしの道協会に入会したご縁で、人としても鍼灸師としても尊敬できる先生方の元で助手する事が叶い、治る鍼灸治療を勉強させて頂きました。そして、鍼灸に対して揺るぎない信頼と確信を得ることが出来ました。

現在、鍼やお灸により自然治癒力も免疫力も上がり、お陰様で健康な日々を送っております。自身の経験から、誰しもが一つしかない身体を大切に、よりよく生きて欲しいと願っております。 そして、鍼灸を必要として下さる方に治療を、以前の私のように鍼灸を知らない方には、決して怖くも痛くも熱くもない、鍼やお灸の良さをお伝えしたいと思っております。

活動としては、大阪・東京の施術ルームでの鍼灸治療と出張鍼灸治療、ご自身でも意識して健康な毎日を送っていただけるよう、お灸講座・リンパドレナージュ講座・体操教室なども行っています。

☆ご予約・ご相談は、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。