• 雨水

    「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」(暦便覧) 降る雪が雨に変わり、氷が解け出すころ。雪解けはじめ、田畑を潤し、この季節は農耕の準備をはじめる目安とされてきたのだとか。。。 また、この時期から雛人形を飾ると、良縁 […]

    Continue Reading...
  • 立春

    「春の気たつを以て也」(暦便覧) とうとう節分〜立春を迎えました。 めでたい、めでたい、嬉しい、嬉しい。 京都の御池桜(御池通柳馬場角にある冬桜)も満開です。 新しい年を迎え、清々しい気分になる節分が大好き。京都で節分と […]

    Continue Reading...
  • 大寒

    「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」(暦便覧) 中国では、鶏始乳(ニワトリ始めて乳す)ニワトリが卵を産み始める頃、と言われてたよう。 そりゃあ、昔は卵が貴重だったことは知っているけど、、、もしかして冬は食べられなか […]

    Continue Reading...
  • 小寒

    「冬至より一陽起るがゆえに陰気に逆らうゆえ益々冷ゆるなり」(暦便覧) 2020年、新しい年が明けました。数字の並びも綺麗だし^ ^日本は穏やかで平和なお正月を迎えました。 寒さ厳しいとはいえこの冬は暖冬ですから、元旦の朝 […]

    Continue Reading...
  • 冬至

    「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」(暦便覧) 暦を計算する上の起点となる日、だそう。 一年で一番夜が長い日 陰の極み 冬至冬なか冬はじめ、冬本番はこれから 富士山の冠雪もここまで下がってきた。 陰極まれば陽となす […]

    Continue Reading...
  • 大雪

    「雪いよいよ降り重ねる折りからなれば也」 朝夕には霜柱が立ったり氷が見られたり、寒さが厳しくなってきました。 今朝のニュースでは、都心の上空に雪が降り注いでいました。 京都は盆地で、暑さ寒さが厳しいですが、街中では雪はま […]

    Continue Reading...
  • 小雪

    「冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」(暦便覧) 10日前、まだほぼ黄緑色だった仏光寺さんの大銀杏、今朝はすっかり色づいていました。 この色が見たくて、最近足繁く通っていました! オシャレな雑貨屋さんやカフェががあ […]

    Continue Reading...
  • 立冬

    「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」(暦便覧) 秋深まって朝夕の冷え込みが一層厳しくなり、冬の気配を感じる頃です。 中国発祥の二十四節気は、日本の季節とはズレがあると言われます。 まだまだ紅葉も本番ではないし、まだま […]

    Continue Reading...
  • 霜降

    「つゆが陰気と結ばれて霜となりて降るゆへ也」(暦便覧) 時雨が降った後、夜の陰気と相まって霜となって降りる。 富士山も冠雪したようですし、すっかり秋深まり日も短くなってきました。 10月もあと一週間。今年も残り2ヶ月。今 […]

    Continue Reading...
  • 寒露

    「陰気の気にあって、露むすび凝らんと也」(暦便覧) 草花に降りた露が寒さで凍る一歩手前、と。 今朝方は肌寒さも感じた程、随分と秋らしくなってきました。 今年もあと3カ月を残すばかり。 五穀収穫期、あらゆる経済活動も年末ま […]

    Continue Reading...