• 晴明

    万物発して晴浄明瞭なれば此芽は何の草としるる也(暦便覧) 今年は例年より桜の開花時期が早く、 早咲きのものやソメイヨシノは とっくにピークを過ぎる頃ですが… 先週くらいはまだまだ、 あちらこちらに桜が見られました。 二十 […]

    Continue Reading...
  • 春分

    日 天の中を行きて 昼夜等分の時なり(暦便覧) 春分の日は、宇宙元旦とも言うらしいです。 占星術で言うところ、 太陽が12星座のトップバッターの 牡羊座(春分点)に入る日だから、 始まりのエネルギーが強い、 宇宙のエネル […]

    Continue Reading...
  • 啓蟄

    陽気地中に動き、ちぢまる虫、穴を開き出ずればなり(暦便覧) 寒暖の差が激しい今日この頃 ダウンコートをまだまだ手放せません… でもでも 風はヒューヒュー冷たくでも 陽射しはキラキラしています。 晴れた日は家の中の方が寒い […]

    Continue Reading...
  • 雨水

    陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧) 今年の雨水初日の2月18日は雪景色でした。 数日経過しただけで、春の気温に上昇しました。 三寒四温の上下気温差が激しいですね… 体調管理を意識しないと、です。 先日、木 […]

    Continue Reading...
  • 立春

    陽気地上に発し雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧) 節分の日、京都御所を護る鬼門4箇所を巡る四方詣りをした。 まずは、京都の節分と言えば吉田神社さん。 日本中の神社を参拝できるという大元宮。 お伊勢さんも出雲大社もいっぺん […]

    Continue Reading...
  • 大寒

    冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧) …とは言え、 三寒四温であまり寒くない日もあるんだけど… この日は寒かった〜 風がビュービューに吹く中、 鴨川沿いを北へ向いて歩いていたら、 気持ちよくなってきて、 どん […]

    Continue Reading...
  • 小寒

    冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧) 最も寒い時期「寒」の入りです。 この時期京都では家の外に出た瞬間、冷凍庫の扉を開けた時のように冷気に襲われます。 いや、寒さだけならマシだと思わなければ、、、 大 […]

    Continue Reading...
  • 冬至

    「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」(暦便覧) 一年で最も昼が短く夜が長い頃。 これから、だんだん日が伸びていきます。 冬至は古代には、一年の始まりだったそうです。 さーっ!(元気よく、卓球の愛ちゃん風に!) これ […]

    Continue Reading...
  • 大雪

    「いよいよ降り重ねる折からなれば也」(暦便覧) 大雪に入り一週間が過ぎた今朝、窓の外は本当の大雪でした。 極暖ダウンジャケットを引っ張り出して、いきなりの真冬の寒さになんとか対応… あ〜、さぶい〜 ところで先日のこと、急 […]

    Continue Reading...
  • 小雪

    「冷ゆるが故に雨も雪に也てくだるが故也」(暦便覧) 日が短くなり、朝夕だけでなく空気が冷えてきました。 急な気温差で、カラダは大きな変化を感じ、咳やクシャミが出る場合がありますね。 風邪ではないのに、 今年は特に周りの目 […]

    Continue Reading...